家族

【メンズ】セルフカットのすすめ(ツーブロック)【3つの道具】

これまでずっと苦手だった散髪…

コロナの影響で不要不急の外出をしてはいけないことから

→あまり美容院や理容室に行かない方が世間的にも良い??

→じゃあ仕方ないから自分で切ろうかという、いわば自分を正当化する理由ができました。

ホントの理由は…

⒈正直、毎月〜2ヶ月に1回 4,000円を払うのはもったいない。大きな節約になる。

2.黙ってても気まずいし、話しをしていても「なんで、お金払って営業トークしなきゃいけないの?」

3.すごいオシャレとか奇抜な髪型がしたいわけではない(そもそもホントに満足感を得られたのは30年以上生きてきて2〜3人の担当者のみ)

これらの事からはお店に行く事なく一生セルフカットすることを勝手に決意しました!

その結果、非常に満足度が高く、奥さんからも「美容院で切ってくる時より全然いい」という言葉をもらえたので紹介していきます。

実は学生時代にお金がなかったり、極度にとがってる時期(笑)はセルフカットしてたので、その時の道具と、

今はYouTubeやブログなどでとても沢山の有益な情報があるので、

是非セルフカットをお勧めします!!

①まずはバリカン!

これは必須です!

ちなみに私自身は昔買ったNationalのER5209というのを使ってますが、同ランクくらいのものを紹介しておきます。

アタッチメント付属などで15mm・9mmくらいで剃れるものが必須です。

(長すぎるところを調整するために70mm・60mmアタッチメント等があると便利です。)

ナチュラルなツーブロックが無難だと思うので、横の刈り上げを隠す感じの髪型にしています。

やり方は簡単に図示してみます!

上の図でクリップ止めをせずにバリカンで刈りあげる下の写真のようなツーブロックになり、クリップ止めもしくは手でおさえておく事でパッと見ではツーブロックとわからないナチュラルなツーブロックができます。

(耳回りがかゆくなくなり、メガネかけても干渉しなくなり最高です!)

③次にスキカッター

これは全体的な調整に必要で②のスキバサミでも大丈夫なんですが、目が荒くて切りすぎてしまいがちなので、クシをとぐ雰囲気でできるスキカッターをオススメします。

全体的にクシをとぐようにするだけで髪を「すく」ことができて便利です。

ボリュームがほしい頭頂部から前髪にかけては特に有効で、髪を立たせたい部分は毛束を少しずつねじりながらスキカッターを当てていくと、周りの短い毛が支えになって立ちやすいふんわりとした雰囲気になります。

ですが前髪部分は要注意で、基本的にはハサミで少しづつ微調整していく方が無難です。

これはダイソーで売っている100円(税別)のすきカッターで充分です。

②最後にカット用のハサミ

これは微調整に必要なのであった方がいいです。

普通のハサミも使えなくはないんでしょうがどうなんでしょう??

全然問題ないとの意見もあります。

私自身はドラッグストアとかで売ってるGATSBYのスキバサミとセットのものを使っています。

プラスアルファ

いかがでしたでしょうか?

いずれにしても初心者の方は長めに毛を残しつつ、ちょっとずつ日数をかけて整えていくのが無難です。

ここまででセルフカットに必要なものはそろいました。

あとは環境的な問題で自分の部屋で切るか、風呂場で切るか、洗面所で切るかなど様々あるかと思いますが、できれば三面鏡など複数の鏡があることが望ましく、ケープなどあると便利なようです。(私自身は新聞紙などを敷き詰めています・・・)

ヘアクリップはあると便利でした。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

参考にしていただけると幸いです。

-家族

© 2020 WORK LIFE BLOG Powered by AFFINGER5