就職・転職

【これから必要なのは】ポータブルスキル【転職するために】

厚生労働省が提唱していて「なるほど」と思ったので記事にしてみます♪

ポータブルスキルって何?

ポータブルスキルとは英語では「portable skill」で、直訳すると「持ち運びのできる力」という意味になります。

厚生労働省では、ポータブルスキルを「業種や職種が変わったとしても通用する、持ち運び可能な能力」と定義しています。

構成要素としては下記の通りはっきりと示されています。

【専門知識・専門技能】+【仕事のしかた】+【人との関わり方】

英語のTOEICの点数やパソコンスキル、自動車免許職などの【専門知識】や【専門技能】は確かに大事です。しかし社内でしか通用しない専門の知識や技能は3~4年で廃れてしまいます・・・また異業種や異業界、また同業種・同業界であっても転職などで会社が変わってしまえば、全く役に立たなくなってしまうこともあり、持ち運べない可能性が高いです。

それとは対照的に10年以上学習塾でマネージャーとして勤めていた人が、携帯電話ショップのマネージャーへ転職して大成功するという事例もあります。

一見ぜんぜん違う仕事に思えますが、なぜでしょうか?

学習塾に必要な親御さんへ丁寧に営業できたスキルは、学生が買いに来ることが多かった携帯電話ショップで実際にお金を出す立場の親に対して営業することできたからです。また10数人の学生やパートなどをまとめていた状況がそっくりそのままマネジメントへ活かされたようです。

仕事のあり方が変化してきていて終身雇用がなくなる一方で、寿命が延び人生100年時代とも言われるこれからの時代においては、このように持ち運び可能な「ポータブルスキル」が必要となってきています。

では同業種・同業界以外での転職をする必要がある場合、どのような「ポータブルスキル」が必要になってくるのでしょうか?

この記事では「仕事の仕方」と「人との関わり方」について深堀りしたいと思います。

仕事のしかた

この【仕事のしかた】を一言であらわすなら【段取り力】と言い換えることができます。

これまでの経験や身につけたスキルが職場限定のものではないかをチェックしましょう。仕事をすすめる上でのスキルのうち、ビジネス全般で通用するスキル → 業界や職種で共通するスキル → その組織の中でのみ通用るスキル、の優先順位を意識しましょう。

【成果をあげるために重要な4つの行動】

現状把握

課題設定に先立つ情報収集の方法や内容を把握し、情報分析などをする。

課題設定

設定する課題の内容(会社全体、事業・商品、組織、仕事の進め方の課題)を設定する。

計画立案

計画の期間、関係者・調整事項の多さ、前例の有無などを確認しておく。

④実行

本人の役割、スケジュール管理、関係者、柔軟な対応の必要性、障害の多さ、成果へのプレッシャーなど、柔軟な対応の必要性、予想のしやすさなどを考慮しておく。

人との関わり方

この【人との関わり方】については、一言で言うと【愛嬌】【人柄】という言い換えることができます。

興味のない事でも、心から興味を持つようにして、愛想良くおおげさに接してみるなども1つの手法としてはありです。かならずしも言葉によらない表情や雰囲気作りも効果的なようです。

また自分の弱さを開示することも場合によっては見方を作ることになります。

会社においては主に4つの方向に対しての人間関係があり、この4つのうちの自分がどれが一番得意であるかを認識し、はっきり言語化できることが大切です。

あなたも恐らく「これは得意だけど、これは苦手だ」という人間関係があるのではないでしょうか?

【対人マネジメントで重要な4つの方向】

社外対応(顧客・パートナー)

顧客・取引先・対象者の数、関係の継続期間、関係構築の難易度を考慮する。

社内対応

社内での役割や立ち位置をを考慮する。

③上司との関わり方

指示に従う必要性、提案を求められる程度や期待値を考慮する。

④部下との関わり方

部下の人数、評価の難しさ、指導・育成が必要なポイントを考慮する。

「あの人のために何かしてあげたい」と思わせたら勝ちです!

最後に

時代が目まぐるしく変わってきていますが、今回の内容は会社で働く上で避けては通れない事であるとともに、普遍的な能力に近く、それが自分自身のスキルになるという事を認識できました。

これらのことを意識しながら仕事において成長をはかり、どんな時代でも生きていけるよう準備しておきましょー♪

-就職・転職

© 2020 WORK LIFE BLOG Powered by AFFINGER5