就職・転職

【おススメは…】B to B・B to Cとは?【就活・転職中の方へ】

会社員として営業職などをしているとよく出てくるこの言葉。

どちらも経験したことがある視点から、その意味や違いについて比較しながら紹介していきます!

B to B 、B to C とは?

いずれもビジネスにおける取引のやり方についての言葉です。

【B to Bとは?】(B 2 Bと表記されることもある)

Business to Business の略語で企業 対 企業企業間取引きでモノ・サービスを売ることです。

言い方 例:「代理店営業」「ルートセールス」「本部商談」「バイヤー」等

【B to Cとは?】(B 2 Cと表記されることもある)

Business to Consumer の略語で企業 体 消費者・個人の取引きでモノ・サービスを売ることです。

言い方 例:「店舗営業」「カウンターセールス」「直取引」等。

一般的にいわゆる「営業」という言葉を聞くとこちらを思い浮かべることが多いと思います。


シンプルに比較していきますので、どちらに挑戦するかの参考にしてみてください。

B to B企業、B to C企業に分ける事もありますが、どちらをも含む場合が多く、あくまで「取引のやり方の」違いです。


※ちなみに他にも下記の形態・呼び方があります。

「C to C」Consumer to Consumerの略で個人消費者同士の取引きでフリマやヤフオクやメルカリなどです。

副業や個人で働くことをしている方たちは耳なじみあるかもしれませんね。

副業をするとすれば断然この「C to C」をお勧めします!


「B to E」Business to Employeeの略で会社から従業員への取引きのことです。

これには社内食堂やケータリングサービスやオフィスコンビニなどが含まれます。

他にも若干B to B、B to Cに含みがちですが「B to G」= Business to Government、つまり官公庁・地方自治体などに企業がモノやサービスを提供していくモデルや、「D to C」= Direct to Consumer、メーカーが自らEC(インターネット通販)サイトをつくり直接消費者に商品を提供するモデルなどがあります・・・

B to B の特徴

【メリット】

長期的な関係を築ける

→一度、仲良くなって信頼してもらえるようになればイージーモード

サボりやすい(他の仕事や勉強に時間を充てられる)

→結果さえ残せれば、社外に出れば自分の世界観で仕事ができます。

※会社所有の携帯電話や車を使っているなら、監視されている可能性があります。

流行に左右されにくい

→既得権益やインフラなど、ちょっとやそっとでなくならないモノやサービスがほとんです。

土日祝日休みがほとんど(けっこう定時に帰れる)

→最近では残業にも厳しくなってきているので、プライベートの時間は取りやすいです。

【デメリット】

目の前の担当者が全てではなく、背後の上司や場合によっては会社全体の意思決定が必要。

→社内外での根回しが必要で、長期間にわたり交渉・商談を重ねていきます。

家族や友人、恋人に説明してもピンとこない。

→実は業界内でNo,1だったり年収が高かったりしても「へー」で終わる・・・

社内や取引先との付き合いが濃厚

→マンツーマンでの出張や食事、場合によっては毎週の飲み会やゴルフなどがあります。

【特徴】

同じ業界のみの顧客が多い。

取引先は固定または限られている。

マスメディアを使った広告などは少ないです。

B to C の特徴

【メリット】

目の前のお客様へモノやサービスを売り、満足感を得る

→比較的、短期的に決まり、場合によってはその場のノリで一発逆転しやすい。

家族や友人、恋人に仕事を理解してもらいやすい。

→ふだん自分たちが関わりある会社が多く、モテやすい!

【デメリット】

目の前の「お客様」の言う事に振り回されがち。

→いまだに「お客は神様」という考え方の客に当たると目も当てれらません・・・

「初めまして」のお客様ばかり

→相手の特徴や考えをすぐに察知する必要があり「うさん臭い」と思われがち・・・

流行に左右されやすい

→世間の流行や財布事情にダイレクトに影響を受け、繁忙期と閑散期の差が激しい。

土日祝休みじゃない場合が多い(定時という概念がない場合がほとんど)

→平日休み希望なら問題ないですが、家族や恋人などとの時間がとりにくいかも。

【特徴】

大多数、必要ある人がいたら誰にでも。一般消費者にモノ・サービスを販売します。

なのでテレビCMやラジオCM、最近だとYouTubeなどの広告などで見かける事が多いでしょう。

おススメは断然・・・

どちらも経験してきましたが、おススメは断然「B to B」です!

平等にメリット・デメリット挙げるつもりでしたが偏ってしましました(笑)

とはいえ、インターネットやスマホが当たり前となり

仕事の機械化や自動化によりスピード感が増している今の時代は

数年前までは絶対に大丈夫だと思われた企業が急に傾いたり、

年功序列や終身雇用が当たり前ではなくなってきています。

就職先または転職先が決まったとしても油断せず、

とりあえず毎月自動的に給料をもらえて福利厚生もあるという

会社勤めならではの利益をしっかりとゲットしながら、

時代の流れに置いけぼりにされないよう行動していきましょう

-就職・転職

Copyright © WORK LIFE BLOG , All Rights Reserved.